箕面
スイーツ
特集記事

伝統と革新が織り成す
芸術的な春の和菓子

明治20年に大阪で創業、阪神間で6店舗展開している老舗和菓子屋。人と和菓子に向き合い、王道から創作まで、時代に合わせた楽しいラインナップ。見た目にも鮮やかな「宮さくら」は、小ぶりで可愛らしい創作羊羹で、散りばめられた道明寺と桜の花びらが印象的。さらに、風味豊かな「さくら冨もなか」も、春にしか楽しめない一品として人気を呼んでいる。

▼メインメニュー▼
宮さくら
238円(4月中旬まで販売予定)

北海道小豆こしあんの上に道明寺羹(どうみょうじかん)を流し、そこに桜の花びらを浮かべている。春の爽やさを演出する、創作菓子。


髙山堂 箕面店〈タカヤマドウ〉

箕面市桜ケ丘3-9-15
営/9時半~18時
無休
TEL:072-725-7585